台所でお酒を飲む人のブログ

毎日おいしい食事をすることがハッピーの秘訣

毎日食べたい!やみつきになるゴーヤの簡単保存法と食べ方

いつからでしょう、ゴーヤを美味しいと感じるようになったのは。 お寿司のワサビと同じような感覚ですよね。  

 

水分が多い食材で、体を冷やす効果があるそうだから、この時期身体がゴーヤを欲しがるのかな。

 

それにゴーヤは胃の働きを良くしてくれるので、この暑い季節食欲が落ちている時などもサッパリといただけますね。

 

 

 

f:id:hanagardener:20170706001346j:plain

ゴーヤの旬はいつ?

ゴーヤの旬の時期は、6月~8月にかけてです。その時期には、ゴーヤが盛んに収穫されます。

 

ご自宅の庭でグリーンカーテンのようにしてゴーヤを栽培されている方も、たくさんいるのではないでしょうか?

 

 

ゴーヤの栄養価と健康効果

ゴーヤの苦味が嫌いな人も多くいるかもしれませんが、その苦味が健康を促進してくれます。

 

その苦味によってコレステロールや血糖値が下がる効果が期待されます。

 

ビタミンCはレモンの約2~4倍、食物繊維はセロリの約30倍、カルシウムは牛乳の約14倍、鉄分はほうれん草の約2.3倍!

 

こんなに豊富な栄養があるから、ゴーヤ好きな私としては、1年中食べたい野菜です。

 

ゴーヤの冷凍保存方法

実は、ゴーヤは冷凍保存ができる野菜です。

 

ゴーヤを洗いワタを取ってスライスしたものを、ジップロックに平になるように入れて、冷凍庫で保存するだけ。

 

食べたい時に必要な量を取り出すだけなので、手軽ですよね。

 

 

 

 

ゴーヤを美味しく食べるアイデア

言わずと知れたゴーヤ料理はゴーヤチャンプルです。

 

卵と一緒に絡めながら料理することができます。夏におすすめの味付けは麺つゆです。

 

この時期になりますと、ソーメンを食べる時とかにも麺つゆを使いますよね。その麺つゆを隠し味として、卵とゴーヤを炒めている時に使うことによって爽やかな風味をもたらすことができます。

 

ゴーヤ独特の苦味が嫌いな人であれば、あらかじめ茹でるなどを調理をしてから召し上がってみてください。夏の体力補充にもおすすめの一品です。

 

冷凍ゴーヤのおいしい食べ方

ちなみに、冷凍したゴーヤは、炒め物以外にも和え物にも使えます。

 

冷凍ゴーヤと刻んだミョウガとオクラを混ぜ合わせて、ポン酢をかけるという簡単なものです。

 

冷蔵庫にカニカマの余りがあれば入れても良いですね。これを冷奴にのせても合います!

 

わざわざ解凍しなくても良いし簡単だし、美味しいし体にも良い!

 

この夏も、ゴーヤの力を借りて元気に乗り切りたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ホームへ戻る


スポンサーリンク