台所でお酒を飲む人のブログ

毎日おいしい食事をすることがハッピーの秘訣

夏野菜の代表格、トマトとなすを簡単なみそマヨ味グラタンで!

 先日、トマトのことを書きましたが、今回は同じく夏野菜のナスとトマトを合わせます。

 

トマトとナスを使って、お味噌を使ったアレンジ料理の紹介。

 

 

f:id:hanagardener:20170707225656j:plain

 

トマトとなすの旬はいつ?

 

トマトの旬は6月~8月、なすの旬は7月~9月で、ふたつとも夏野菜の代表格です。

 

 トマトとなすの栄養価と効能

 

トマトのリコピンとβカロテンの抗酸化作用は、美容に効果があり、老化の抑制につながります。

 

なすはカリウムの含有量が比較的多く、利尿作用や体内の余分な熱をとって冷ます作用があります。 夏にはうれしい効果ですね。

 

おすすめ料理のアイデア! 

 

トマトとなすを同じ料理に使うとなると思いつくのは、ミートソースやトマトソースで調理することが多いかと思いますが、意外と味噌も合うのです。

 

フライパンで、トマトとなすをひき肉と一緒にオリーブオイルで炒めて、耐熱皿に盛り、味噌とマヨネーズをみりんで伸ばしたソースをかけます。その上からピザ用チーズをかけて、オーブントースターでチーズが溶けるまで焼いてみてください。

 

炒めて、混ぜて、チン!するだけなので簡単で時間もかかりません。

 

トマトが嫌いな方でも火が通ると食べやすくなりますし、チーズとマヨネーズ味で子どもも、好きな味に仕上がりますよ! ぜひ!

 

 

スポンサーリンク

 

 

ホームへ戻る


スポンサーリンク